2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

オンライン状態

無料ブログはココログ

2009年12月 4日 (金)

本日、加藤一二三氏 野良猫餌やり裁判を傍聴!

12月3日(木曜日・雨)、東京地方裁判所立川支部にて午後1時10分開始予定が原告側の遅刻により約20分遅れ、約3時間に渡り一審が行われた。

お先短い悪人の顔をした原告2人の言い分は加藤氏が野良猫の餌やりをしたことで近隣住民が糞尿被害を蒙った事が起訴の理由としているが、根源は猫の餌やりでは無く、古くからの人間間トラブルが要因で、原告側は加藤氏を現在の集合住宅から追い出したいと言うのが大きな理由に思える。
今回「猫の餌やり」は単に追い出し作戦の道具の一つに使われただけと窺える。

そもそも、この様な事が起訴理由になり、法廷に持ち込まれる事自体が情けない今の日本の現実である。
言葉も発する事の出来ない動物が題材になるのは人間として如何な物か大きな疑問である。

多くの人間が動物以下であり、動物はそのバカな人間達に共存社会とは何かを教えなければならない。

続く・・・

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2009年3月22日 (日)

アウシュビィッツに送り込んでやりたい役人達と馬鹿な獣医師達!

我々の納めた税金で生きている事を考えられない役人達と愛護精神の欠片も無い片寄った頭脳の獣医師達にはアウシュビィツへ行ってもらいましょう!東京都は2007年4月に「東京都動物愛護管理推進計画」などと言う大それた基本概要「人と動物との調和のとれた共生社会の実現」を発表したが、2年が過ぎ何か変わった事があるだろうか???現場を知らない頭でっかち達が紙の上で考えても改革は起きない!何度も述べて来たが、これ程多くの動物達が国民の血税を使い行政機関の手により殺処分されている先進国は島国日本だけだ!恥ずかしい限りである。
東京都動物愛護管理推進計画の概要→http://www.daidtm.net/aigohoujijipdf/tokyo/70h45101.pdf#search='東京都動物愛護推進委員'

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2009年3月 1日 (日)

ヒトラー西村と前追所長を即刻解雇処分にしましょう!

今週、代弁者の元に川崎市役所の生活環境課と直接話をした方から連絡が入ったので紹介します。
川崎市役所の見解としては川崎区動物愛護センターの西村は
独断的に決めて乳飲み子を殺しているのでは無く、センター内全体で決めていると身内を庇う様な話で始まり、最終的には
川崎市役所生活環境課が川崎区動物愛護センターと話し合うと言う見解で終わったらしい。
また、川崎市役所としては乳飲み子を譲渡しないと言う条例は無いとの見解である。
結果的に環境省を始め、川崎市役所には乳飲み子を譲渡してはならないとと言う取り決めが無いと言う事になる。
即ちヒトラー西村が独断的に決めているのでなければ、センター所長前迫実にも重大な責任がある。
この様な人物?怪物に
動物の生命を決める様な重大なポジションを任せていて良いのだろうか???
また、国民の血税で生きさせていて良いのだろうか???
少なくともこのヒトラー西村及びゲーリング前追(ゲーリング大佐とはナチス戦犯者の一人でありヒトラーの右腕でもあった人物)
の二人は
即刻解雇ではないでしょうか。

ご賛同頂けます方は↓下記人事↓へ声を届けて下さい
★川崎市人事委員会事務局任用課
 電話 044-200-3343


代弁者は川崎区動物愛護センターを始め、動物愛護センターと名の付く動物殺処分センターから保健所、保護管理センター、動物管理センター、動物保護センター等々の実態の調査等を今後公開すると同時に環境省及び各自治体に問い掛けて行く考えである

皆様の声を届けて下さい
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
★川崎市動物愛護センター
 電話 044-766-2237
 FAX 044-798-2743

 メール35dobutu@city.kawasaki.jp

★川崎市役所(生活環境課)
 電話 044-200-2111



↓この件の詳細は下記でご覧下さい↓
http://homepage2.nifty.com/inunekokyusainowa/

色んな方に知って頂きたいのでクリックお願いします。
人気ブログランキングへ←1クリックお願いします
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2009年2月22日 (日)

本当に何とかしましょう・ヒトラー西村!

この殺猫犯は一日平均3匹として5年間続けてきたので、
単純に合計約5500匹もの幼い無抵抗な命を殺し続けて来ました。
この数を見て皆様どう思いますか?
国民の血税を使い、生を授かった命ある乳飲み子達余りにも惨過ぎる実態です。
そもそも国の最高管轄機関である環境省は各動物愛護センターに対し(ガイドライン)乳飲み子を殺して良いなどと一言も一切言っておりません!!!
結果的に西村獣医師は法律を無視し、独断的に行っている許しがたい行為です。
代弁者の怒りは収まりません

皆様の声を届けて下さい
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
川崎市動物愛護センター
■西村獣医師
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール35dobutu@city.kawasaki.jp


↓この件の詳細は下記でご覧下さい↓
http://homepage2.nifty.com/inunekokyusainowa/

色んな方に知って頂きたいのでクリックお願いします。
人気ブログランキングへ←1クリックお願いします
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2009年2月20日 (金)

川崎市動物愛護センターにヒトラー発見!

川崎市動物愛護センター、通称動物殺処分センターに勤務するヒトラー西村こと譲渡担当西村獣医師
自身の独断的判断で過去5年間にも渡り、離乳前又は生後50日以内の子猫を無条件で全て殺処分して来た悪魔とも言える鬼畜です。
毎日約3匹の尊い助かる命がヒトラー西村の判断により無条件で殺されています
ボランティア様方々からの譲渡依頼にも一切耳を傾けず、環境省のガイドラインに従い実施している等とまるで他人事。
一方、環境省は離乳前の子猫の譲渡は可能である」と明確に回答している事から、この件は明らかに西村が独裁者的?鬼畜的?ロリコン的?な自身の趣味的に子猫を殺しているとしか言い様がありません。
施設最高責任者である
前迫実センター所長にも大きな問題があると言えるでしょう。
皆様!代弁者では再三述べておりますが、この方達は国民の血税を使い、高額な給与をもらい生きております。民意の意見や好意は受けて当然だと思います。それ以前に動物愛護センターなどと大それた名前で働く物は、最低でも命の尊を理解し、十分な愛護精神が無くてはいけないのでは無いでしょうか?
この様な不適切な人間?変人?は即刻解雇(殺)処分する必要があります。
皆様、この問題は早急に解決しなければならない問題です。
是非、是非、お力をお貸し頂き、ご意見をお願い致します。
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール35dobutu@city.kawasaki.jp


尚、この件に付き詳細を知りたい方は下記URL活動ボランティア様をご参照下さいhttp://homepage2.nifty.com/inunekokyusainowa/

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2008年12月12日 (金)

荒川区の問題条例本会議で可決!

本日12月12日、荒川区「良好な環境を確保する条例」の本会議採決が行われ、
賛成多数、自民党13名、公明党6名、民主党2名、正論の会1名、尚志会1名の合計23名、
反対少数(共産党6名、市民の会1名、あらかわ元気クラブ1名の合計8名で可決した様です。
荒川区長西川太一郎に徹底抗議をし、今回の条例を早急に白紙撤回させる要請を求めて下さい。
この様なアホ達には動物愛護がどれ程大切な事かなど考えても無駄なのであろう。
しかし、問題はこの様なアホ達が我々の血税を使い、くだらない議論をして条例なを決められる事では無いだろうか。
私は日本国民として余りにも情けなく、如何に低脳な議員達が多く、時代逆行な話を恰も正当化して話している事に気だるさをただただ感じる。

荒川区役所
電話:03-3802-3111
FAX  03(3802)6262
西川太一郎 区長へ直接メールを
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/cgi-bin/mailform/mailform.cgi

人気ブログランキングへ ←1クリックお願いします

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2008年12月 9日 (火)

×緊急SOS×荒川区の条例案×

大至急、公明党にお願いのメール、電話、ファックスをお願い致します!
いよいよ12日(金)に荒川区議会で審査が行われます。
荒川区餌やり禁止条例の撤回の最後のチャンスです!

区議会審議のカギを握るのは公明党会派6人の区議の先生方です。
先生方が条例に反対してくださるよう公明党部にお願いしてください。
撤回できる最後のチャンスです。

ひとりでも多くの方から、率直な意見をお届けください。
時間がありませんが、最後までがんばりましょう。

公明党本部へお願いはこちらから!急ぎお願い申し上げます。


メール  https://www.komei.or.jp/contact/index.html
代表電話番号    03-3353-0111
ファックス  03-3225-0207
(以上、犬猫救済の輪様より転載)

引き続き、声を大にして代弁者は抗議をします。
皆様も抗議をお願いします。

荒川区役所
電話:03-3802-3111
FAX  03(3802)6262
西川太一郎 区長へ直接メールを
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/cgi-bin/mailform/mailform.cgi

その他、賛成した区議会議員達へも下記メールアドレスから直接抗議をお願い致します。
須永 京子k.sunaga@kyoko-sunaga.jp
菅谷 安男http://www.yasuo-sugaya.jp/
武藤 文平fax:3809-0772
小坂 眞三
http://www.masami-kosaka.com/
小坂 英二kosakaeiji@1995.jukuin.keio.ac.jp
HP:http://www.geocities.jp/kosakaeiji/
ブログ:http://kosakaeiji.seesaa.net/

人気ブログランキングへ ←1クリックお願いします

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2008年12月 8日 (月)

緊急SOS!時間がありますせん×大至急荒川区へ抗議の声を! 

×時間がありません×緊急のお願い×

荒川区迷惑餌やり禁止条例案が12日の本会議で可決されれば
来年4月から施行されます×

白紙撤回を求めた署名数は6000人以上集まったにも関わらず
完全無視の姿勢×
今回の荒川区の条例案に対し、代弁者は強く抗議をいたします!

知識レベルが低すぎ、権力を不当に使い余りにも自己中心的な
荒川区長:西川太一郎(にしかわたいいちろう)http://www.city.arakawa.tokyo.jp/a007/b001.html

今回のくだらな過ぎる条例の採決に賛成をした愚かで粗末な議員5名
自民党・須永 京子(スナガ キョウコ)
自民党・菅谷 安男(スガヤ ヤスオ)
自民党・小林 眞三(コサカ マサミ)
公明党・武藤 文平(ムトウ ブンペイ)
尚志会・小坂 英二(コサカ エイジ)
細かい各自の詳細は↓
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kugikai/
自由民主党荒川区議会議員団(14名)?公明党荒川区議会議員団(6名)
それにしても議員団て何でしょう?サル軍団?
反対と言うか議題になる事自体が論外な今回の話です。
議員としてちゃんと反対した方は
民主党の瀬野喜代先生
共産党の小林行男先生
今回の問題は単純に1人のマナーの悪い餌やりさんを指導出来ない荒川区の問題で、行政が動く様な話では一切無い事です。
我々の税金を使い弱い動物いじめをしている暇があるなら、高齢者の1人でも助けろ!
それ以前に動物の愛護及び管理に関する法律第27条を無視した、それこそ法律違反では無いでしょうか?
荒川区が騒いだお陰で隣の板橋区までもが騒ぎはじめている様です。
本当にただ事では済まされない話です。
荒川区長の即刻退陣と今回条例に賛成した自民党区議議員、共産党区議会議員、尚志会区議会議員5名の即刻退陣を強く求める必要があります。
全国の一般常識を理解できる民主党の先生方及び動物愛護者の皆様方、本当に大きな問題です、とにかく時間がありません!至急お力をお貸し下さい。

荒川区役所
電話:03-3802-3111
FAX  03(3802)6262
西川太一郎 区長へ直接メールを
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/cgi-bin/mailform/mailform.cgi

その他、賛成した区議会議員達へも下記メールアドレスから直接抗議をお願い致します。
須永 京子k.sunaga@kyoko-sunaga.jp
菅谷 安男http://www.yasuo-sugaya.jp/
武藤 文平fax:3809-0772
小坂 眞三
http://www.masami-kosaka.com/
小坂 英二kosakaeiji@1995.jukuin.keio.ac.jp
HP:http://www.geocities.jp/kosakaeiji/
ブログ:http://kosakaeiji.seesaa.net/

人気ブログランキングへ ←1クリックお願いします

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2008年11月25日 (火)

緊急!至急皆様の怒りを荒川区に伝えて下さい。

荒川区は、12月の区議会で「ノラ猫にエサ禁止条例」などとんでもない内容を条例として可決しようとしています。
とんでもない条例とは皆様が既にご存知の通りです。条例案の完全白紙撤廃の声を至急届けて下さい。

詳しくは横浜アニマルファミリー様でご覧下さい。
http://www.animal-family.org/
1)http://www.animal-family.org/index.php?itemid=433
2)http://www.animal-family.org/index.php?itemid=436
3)http://www.animal-family.org/index.php?itemid=442

荒川区議会事務局
電話:03-3802-3111(代表)
内線:3614
FAX:03-3803-8887

MAIL
  kugikai@city.arakawa.tokyo.jp

荒川区役所 秘書課総合相談係り
FAX:03(3802)6262

各区議へはこちらから
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kugikai/ 

人気ブログランキングへ ←1クリックお願いします

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2008年11月 8日 (土)

今度はアライグマor知夫村タヌキ

日本人は子供が国宝に傷をつけたり農作物に被害が出るとその子供を直に殺す人種らしい。日本は政治や経済だけで無く人間の心までもが破たんしている。

アライグマ国宝に傷 京都と奈良で被害相次ぐ ↓記事全文↓
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081107-00000078-mai-soci

☆知夫村タヌキ問題最新情報!☆
長年タヌキ達を殺し苦しめて来た島根県知夫里村村長影原も多額の退職金を手に今月村長職から離れる事になった。
そんな彼に一言、退職金を全額返納してお前がガス室に入って殺したタヌキ達に懺悔しろ!と言ってやりたい。
話は変わり、新体制矢田村長はタヌキ殺しの島”知夫里村”をどの様に変えて行くのか楽しみでもあり、不安でもある。
そんなNEW矢田村長は11月14日(金曜日)から村長職が始まるので、皆様も是非村長まで直接電話してみて下さい。
村長室直通:08514-8-2345
知夫村役場:08514-8-2211

人気ブログランキングへ ←1クリックお願いします

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2008年9月24日 (水)

国民の税金がこの様な使われ方で良いのだろうか???

農林水産省/鳥獣被害対策コーナー
平成20年度鳥獣害防止総合支援事業採択(交付金交付候補者)一覧(二次募集 分) · 平成20年度技術指導者育成事業の公募について(平成20年5月8日)( 終了しました) · 平成20年度技術指導者育成事業交付金候補者の決定について。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/index.html

代弁者的には、こんなくそ長い能書きはどうでも良くて、
そんな労力と時間と金があるなら、
一匹でも野良猫か野生動物を保護しろと言いたい!

人気ブログランキングへ ←1クリックお願いします

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2008年9月20日 (土)

緊急!ヤギからのS.O.S!・荒川区条例

緊急1:鹿児島県・奄美大島で、同島南部にある瀬戸内町農林課が先月から地元猟友会を通じて本格的なヤギの駆除を行っている。
年内に大凡150頭の捕獲、駆除を目指していると言う。
理由は何時もながら農作物への被害や、土壌を支えている植物の根が食い荒らされることで土砂崩れも起きている等とくだらない事を理由である。
元々、奄美大島では民家でヤギが飼われ、食べていた歴史があり、食料が豊富になるにつれ、飼育を放棄した住人達がヤギ達を野生に放したのが事の始まりと見える。
また、奄美群島は世界自然遺産登録を目指しており、固有の生態系の保護は絶対条件。
被害が出ている近隣の町村も駆除を行う予定だ等と鬼畜の様な事を堂々と言っている。
動物を駆除する様な場所、人種がいる所が世界遺産等と良く言えるもんだ!!!
こうしている内ににも罪の無いヤギ達は捕獲、駆除されている。
 → 一人でも多くの方から早急に苦情の声を届けて下さい。

鹿児島県奄美瀬戸内町役場・農林課:浜崎洋林政係長(52)←悪の張本人
電話:0977-72-1174
奄美瀬戸内町HP→http://www.amami-setouchi.org/index.html
メール:http://www.amami-setouchi.org/sub_menu_html/minna/sub_index.html

緊急2:ふざけるな!×荒川区× 
野良猫の餌やりに罰金 荒川区が全国初の条例案ととんでもない事を言っている。
呆れて声も出ませんが、皆様、徹底的に抗議をしましょう!
荒川区HP→http://www.city.arakawa.tokyo.jp/

メール:
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/mail/fmail1.htm



人気ブログランキングへ ←1クリックお願いします

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2008年9月19日 (金)

大変だ!宮島の鹿達から緊急S.O.S.!

余りにも多くの動物達から悲痛の声が聞こえて来るので、気持ち良い冬眠ではなく夏眠から目覚めてしまいした
早速、明日9月20日(土曜日)テレビ朝日10チャンネンル午後7時から「「列島異変2008 ~ニッポン熱帯化の恐怖~」是非見て下さい
私が夏眠している間で特に気になっていたのは宮島のシカ餓死問題。
その前に一言「杉本彩とPETAに大きな大きな拍手~」詳しくはhttp://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200809180017.html

さて、知夫村の影原はまだ生きているのでしょうか?それともタヌキ達に撲殺されたかな?追って報告したいと思います!

宮島のシカ達がご飯も食べられず餓死寸前状態です。
また、忽然と消えているシカも数多くいる様です。一体宮島で何が起きているのか
そもそも宮島は厳島全域の大凡14%が世界遺産登録されており、多くの外国人観光客が訪れる国際的観光スポットでありながら、島国的な発想と議論をしている!
知夫村同様元を正せば人間の勝手な都合で連れてこられたシカ達は、観光の目玉にと餌付けをし、繁殖させ、今度は頭数が増えたから処分しましょう、頭数制限しましょう、餌を与えるのを止めましょう等など、低脳すぎる発想と行動に憤りを超えて笑る今日この頃です
シカ対策事業で250万の予算が出るの出ないのと、もっと動物の立場になって考えられないのか日本のバカな役人達め!
仕事もせず国民から税金を徴収し、自分達の肥やしを増やす事だけ考え生きているお前達の対策事業が一番必要だ!!!
宮島に関して言える事は知夫村と異なり世界中の人が世界遺産と言う事でそこを訪れ、全て見て行くと言う事。
要するに日本人が動物に対しいかに無知で愚かな人種かを世界に対しアピールしている事になる!これは、単に宮島と言う小さな島だけの話では終わらないと同時に国際的に非難される事になり、観光客の減少や世界遺産の登録解除等色々と考えられる!
ま~貴方達が餌をやり増やしたシカ達は貴方達の家族と同然で、生涯面倒を見て行くのが一般常識じゃないのかな~
 

←署名のお願いです!

犬猫救済の輪様

人気ブログランキングへ ←1クリックお願いします

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2008年5月26日 (月)

宮島の鹿が餓死寸前!署名をお願いします!

『タヌキ』の次は『鹿』か!

Yahoo!ニュースより→「神の使いは困り者」

今迄さんざんシカグッズや写真撮影などで商売をしてきて、
頭数が増えて苦情が出たからエサをやるな
これでは知夫村のタヌキ問題と一緒ではないか!
山へ帰ってエサを探して勝手に食べろ
小さい頃から餌付けされてきた子にそんな事を言っても無理に決まっている。しかも明治以降の植林政策でシカが餌場としていた草地は無いというではないか。
それでは餓えて餓死しろと言っているのと同じだ!
全く何を考えているのだろうか?

いっぽう、奈良ではシカをとても大切に扱っている。
(財)奈良の鹿愛護会
毎日jpより→シカ愛護週間始まる


時間がありません!皆様のお力をお貸しください。
↓署名のご協力をお願いします↓

オンライン署名
ご家族など複数人数でしていただける場合はこちら

詳細は下記からもご覧頂けます。
犬猫救済の輪様より↓
宮島の鹿を救う人道支援の輪

人気ブログランキングへ ←1クリックお願いします

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

2008年5月18日 (日)

日本一のタヌキ殺し島の間違えでは!

影原村長!
貴方の島が日本一治安が良い島などと誰も思いませんよ!
くだらない署名運動などしてないで、貴方に殺されたタヌキ達の為に何か行動したらどうですか!!!

詳しくは下記をご覧下さい↓
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=502888004

人気ブログランキングへ ←1クリックお願いします

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護へ←1クリックお願いします

«野生動物達も当然生きる権利がる!